TAKKO CORPORATION

補償コンサルタント事業

公共事業を実施するには、公共用地の取得または建物等を移転したりする必要が生じた場合、正当な補償を行わなければなりません。当社では、土地調査、物件部門(建物・工作物・立竹木等)、事業損失部門(建物事前調査・建物事後調査)、営業補償・特殊補償部門の調査を主に行い、適正な基準に準拠して補償金の算定を行い国や地方公共団体(起業者)をサポ-トしています。

PAGE TOP